Wordpress 引越 方法

Image Replacement

Wordpressを楽々引越し!ライズンサーバーからエックスサーバーへでは、Wordpressを運営したままライズンサーバーからエックスサーバーへ引越す方法を解説しています。Wordpressを引越すときは、データーベースごと移行することが一番です。

Wordpressサーバー引越し

ライズンサーバーという共有ホスティングサーバーをある人の紹介で借りて、
ワードプレスをインストールしてブログを運営しています。


ライズンサーバーを聞いたことがない人もいると思いますが、
1ヶ月のレンタル料金が980円、1年契約なら全体金額から
更に1500円値引きしてくれるオトクなサーバーです。


ひとつのIDで、独自ドメイン5個、サブドメイン無制限、25GBの転送量、
MySQLのデータベースは3つまで利用できます。


チョット気になる方はこちらhttp://hosting.ryzn.ne.jp/にアクセスして見てください。


しかし、知らない人が多いのか、借りている人が少ないのか、
ネットで検索してもほとんどヒットしないので、解らないことがあっても解決できません。


また、サポート対応が親切で無いことやコントロールパネルの使い難さなどがあって、
サーバーを変えたいと思っていましたが踏ん切りがつかずにいました。


1年の契約が更新の時期になったので、
始めての試みだがワードプレスを丸ごと引っ越すことに決めました。


ここから、ライズンサーバーからエクスサーバーへの引越し方法を解説します。

エックスサーバーと契約

引越し先のレンタルサーバーを色々と模索しましたが、
総合判断でエックスサーバーのX10プラン(月1,050円)を借りることにしました。


エックスサーバー
http://www.xserver.ne.jp/


エックスサーバーホームページより、「申し込み」をクリック


今回は、サーバーだけの契約をします。
こちらの「お申込みフォーム」をクリックします。


エックスサーバー利用規約を確認して「利用規約に同意する」をクリック


サーバーアカウントを申し込みます。



サーバーIDを入力します。
半角英数字で3〜12文字以内)で入力して「検索」をクリックします。


既に登録済みのサーバーIDの場合は、「同じサーバーIDは登録できません」と
表示されますので、違うIDを再入力してください。


「○○○申し込む」をクリック


エックスサーバーお申込みフォームを入力します。
プランの詳細はエックスサーバーホームページで確認してください


登録内容を確認して「お申込みする[確定]」をクリック


登録したメールアドレスにお申し込み受付のお知らせが届きます。


次にサーバーアカウント設定完了のお知らせが届きます。


契約者情報、ユーザーアカウント情報、サーバーアカウント情報、
ドメイン設定情報が送られてきます。


会員IDとパスワードでインフォパネルにログインします。


会員IDとパスワードを入力し、「ログイン」をクリックします。


サーバーパネルにログインします。


独自ドメインの設定

現在使用している独自ドメインをエックスサーバーに登録します。


ドメインの追加設定をクリック


現在使っている独自ドメインを入力します。 「ドメインの追加(確認)」をクリックします。


「ドメインの追加(確定)」をクリックします。


ドメイン一覧をクリックします


先ほど追加したドメインが表示されていたらOKです。
トップページに戻ります。


MySQL5の設定

トップページから設定ドメインの変更を行います。
▼をクリックして先ほど設定した独自ドメインを選びます。


「設定対象ドメインの変更」をクリックします。
(今後、ここを変更するのを忘れがちになるので注意してください)


MySQL5の設定をします。
「MySQL5の設定」をクリックします。


「MySQLの追加」をクリックします。


画像wp121

MySQLデータベース名を入力します。
半角英数字で何でもかまいません。(解りやすいものでOKです)


文字コードをUTF-8に変更します。
「MySQLの追加(確認)」をクリックします。


画像wp122

「MySQLデータベースの追加(確定)」をクリックします。


「MySQLユーザーの追加」をクリックします。


MySQLユーザーID、パスワードを入力します。


MySQLユーザーIDは半角英数字で何でもかまいません。
(先ほどのMySQLデータベース名と同じでもOKです)


MySQLユーザーID、パスワードは、後で入力するところがありますので、
印刷するかメモ帳などに保存しておいてください。


「MySQLユーザーの追加(確認)」をクリックします。


「MySQLユーザーの追加(確定)」をクリックします。


「MySQLの一覧」をクリックします


「追加」をクリックします。
アクセス権所有ユーザとなり、データベースへのアクセスが可能となりました。


「トップ」をクリックしてサーバーパネルにもどります。

ワードプレスをアップロード

FFFTPを使ってエックスサーバへのアップロードの準備をします。
メールで送られてきたサーバーアカウント情報をFFFTPに入力入力します。


接続が完了しました。


現在使っているライズンサーバーからWordPressファイルを
すべてダウンロードします。


ダウンロードしたWordPressファイルの「wp-config.php」をテキストエディタで開き、
エックスサーバーのデータを入力します。(Windows のメモ帳は使わないでください)


次にエックスサーバーのインフォパネルにログインし、
サーバーパネルにログインします。


サーバーパネルの「MySQL5設定」をクリックします。


そこにMySQL5のデータベースがあります。
前に入力したMySQLユーザーID、パスワードを用意します。


「データベース名」「ユーザー名」「パスワード」「MySQLのホスト名」を
入力(書換)します。


入力したら上書きで保存します。


次にエックスサーバーにワードプレスのファイルをアップロードします。
エックスサーバーでは、public_html内にアップロードします。


確実にアップロードするためには、1ファイルずつアップロードしたほうが、
いいと思います。


画像を135

データベースの移動

今回は、ライズンサーバーからのデータベース移動を解説しますが、
あなたが引越しする場合は、今借りているサーバーに置き換えればいいと思います。


ライズンサーバーの管理パネルにログインします。


ドメインを選択します。


該当ドメインをクリック


データベースをクリック


該当データベースをクリック


Webadminをクリック


該当データベースをクリックしエクスポートをクリックします。


赤枠の部分にチェックを入れて、「実行する」をクリックします。
デスクトップに保存します。


次にエックスサーバーのインフォパネルにログインし、
サーバーパネルにログインします。


サーバーパネルの「phpMyadmin」をクリックします。


ユーザー名とパスワードを入力します。


インポートをクリック


ライズンサーバーのデータベースの保存場所を指定します。
デスクトップに保存したのでデスクトップを指定します。


実行をクリックします。
データの容量にもよりますが、数分で完了します。


ネームサーバーの変更

独自ドメインは、ムームードメインで借りているので、
ムームードメインの管理パネルにログインします。


ネームサーバー設定変更をクリックします。
ネームサーバー設定変更をクリック


登録時にメールで送られてきた情報を入力します。


これですべての作業が終了しました。


完全に切り替わる迄は2〜3日はかかるそうですが、
気長に待ちましょう。